ごぉるどそうるとは

人は、生まれる前にどんな人生にしようかということを決めて来ます。 

人として生まれ、死に、また別の人となって生まれ、死に、また生まれ、、、ずっと生まれ変わりを続けています。

なぜそれをするかと言うと、困難や障害により魂を育て、磨くことが、たましいのよろこびだからです。

障害を持って生まれたということは、そのたましいにどういう目的や意思があったと思いますか?

  • 葛藤
  • 乗り越える
  • 受け入れる
  • 活かす
  • 周りからの愛をたくさん受けること

人によってその目的・意思は様々ですが、障害を持って生まれたということは、たましいにとって特別級のよろこびなのです。

我が子が障害を持って生まれ、ひょんなきっかけから人のたましいにアクセスし会話することたましいの意思や目的を知りました。

障害を 活かすこと、周りからの愛をたくさん受けることができたならどんなに幸せだろうと母としての願いから生まれたサイトです。

障害を持って生まれた人の作るものを活かしたい、障害を活かし輝いてほしい、

そんな想いから彼らの作る作品の中に散りばめられた たましいのよろこびを伝えていきます。

更に作品を受け取った方やそのご家族とのお話、コミュニケーションを通じて たましいはいつもあなたのそばであなたを応援し続けていることを伝えます。